じゃがいもの芋ほりをしました


 本日(6/11)、こもも組(満3歳児)、もも組(3歳児)、さくら組(4歳児)、うめ1組・うめ2組(5歳児)の園児が、園の菜園でじゃがいもの芋ほりをしました。
 前園長の高橋先生から、「3/21にみんなで植えたじゃがいもが大きく育って、収穫の時期になりました。じゃがいもは、お土地の働き、お天気の恵み、園児のみなさんの大きく育ちますようにとのお祈りによって、3か月で大きく育ちました。みなさん、がんばって芋ほりをしましょう」とのお話しがあり、まず茎を引っぱって、それから土を掘ってたくさんのじゃがいもを収穫しました。園児たちは、「大きいじゃがいもがあった!」とか「たくさんあった!」と天地の恵みをありがたく体感することができました。
 収穫したじゃがいもは、給食の食材として園児たちに提供されます。
 前園長の高橋先生、ご指導いただきありがとうございました。

 園の菜園では、夏野菜が育っていて、うめ1組・うめ2組(5歳児)の園児が、きゅうりやピーマンなどの収穫もしました。
 また、近日中に、さつまいもを植える予定にしています。さつまいもは、秋に芋ほりをして、恒例の焼いもパーティで美味しくいただく予定にしています。今から楽しみです!!