うめ組園児がKPACのチャリティ募金活動に参加しました


 本日(10/10)、金光教本部において秋の大祭第3日が仕えられました。
 祭典前に、KPAC(金光教平和活動センター)による一食をささげるチャリティの募金活動が行われ、うめ1組とうめ2組(共に5歳児)の園児が参加しました。
 KPACは、フィリピン等東南アジアの未就学児童に教育面の支援を行っており、本園では、園児たちが世のお役に立つ子どもに育つことを願って、春と秋の大祭時に同募金活動に参加しています。
 園児たちは、春の大祭時に続いて、今年2回目の取り組みででした。祭典が仕えられる本部広前祭場の入り口付近で、ご参拝の方々に大きな声で「募金をお願いします!」「ありがとうございます!」とお願いとお礼をさせてもらいました。大勢の方々に募金のご協力を頂くことができました。この募金活動を通じて、世界には貧しさから十分な教育を受けることができない子どもが大勢いることを知り、募金活動を始め、世の役に立つ様々な活動を積極的に参加してもらえればと願っています。
 募金活動の後、園に戻る際、祭場内に入らせていただき、祭典の雰囲気を感じることができました。

 KPAC(金光教平和活動センター)の活動内容は、同団体のホームページをご覧いただき、チャリティへのご賛同、ご協力をお願いいたします。