第106回卒園証書授与式


 本日(3/14)、第106回卒園証書授与式が執り行われました。
 来賓のお客様や卒園児保護者、在園児代表のさくら組(4歳児)園児と教職員が待つ中で、卒園児40人が本園遊戯室に入場し、朝のお祈りの後、開式となりました。
 最初に、神田園長先生から卒園児一人ひとりに卒園証書が授与されました。卒園児たちは、名前を呼ばれると大きな声で返事をして、卒園証書を受け取る姿は、とても立派でした。
 その後、園長先生から、「みなさんは、神様からたくましく育つ力をいただいています。その力を小学生になって大きく伸ばしてください」とあいさつがありました。
 続いて、佐藤学校法人理事長から「本園では、祈りの保育を大切にしてきました。そして、園児も保護者も、教職員も共に育ちあうことを願ってきました。それは、金光教祖様の生きられ方がそうであったからです」とあいさつがあり、金光教団発行の教祖様のご生涯を描いた漫画本が卒園記念品として、卒園児代表に贈呈されました。
 また、金光教教会部長の田淵先生よりお祝いのお話を、浅口市立金光竹小学校の佐藤校長先生より小学校へのお迎えのお話をいただきました。
 そして、保護者代表の平田さんからあいさつがあり、式を終えました。

 今年度の卒園生40人は、4月から10校の小学校に入学し、ピカピカの一年生になります。
 小学校でも、元気にお友だちと仲良く、楽しく学校生活を送り、勉強もがんばってください。また、いつでもこども園に遊びに来てください!!