もも1組の保育の様子


 8/31は、青果小売業などを行う事業者で組織された団体の関係組合が、「や(8)さ(3)い(1)」(野菜)と読む語呂合わせから、1983年(昭和58年)に制定した「野菜の日」です。栄養たっぷりで美味しい野菜のことをもっと知ってもらい、たくさん食べてもらうことが目的だそうです。
 本日(9/3)、もも1組(3歳児)では、食育の一環として、野菜クイズをしました。今月の給食の献立メニューから旬のかぼちゃなど何種類かの野菜を選んで、箱の中に何の野菜が隠れているのかを、みんなで当てていきました。
 ドキドキの園児たちは、「固くて冷たい!」「次は、僕がやりたい!」などと大喜びでした。そして、様々な野菜が畑でどのように実っているのかを楽しく学びました。
 園児たちにとっては、ちょっぴり苦手に思っている野菜ですが、食べ物について、楽しく学んだり、園の菜園で育てたりして、園児たちが美味しく野菜を食べられるように、いろいろな活動に取り組んでいきたいと思います。